不眠になってしまう原因

布団に入ってもなかなか寝付けない、
眠ったと思ってもすぐ目覚めてしまう。

 

これらは「不眠」と呼ばれます。

 

ひとくちに不眠といってもその原因はさまざま。

 

ここではその原因を詳しく解説します。

 

「眠れない」ことにはさまざまな原因があります。

 

ここで不眠につながる代表的な原因を紹介します。

 

 

原因1:ストレス

 

ストレスがあると、良質な睡眠が得られません。

 

もともと神経質気味であったり、
真面目すぎる性格の方はストレスを感じやすいため、
不眠になりやすいと言われています。

 

こういった方は少しでも心配なことがあったり
眠る環境が変わったりするだけで眠れなくなったりします。

 

さらに
「◯時間後には起きなければ」
「◯時間は寝ておかなければ明日がつらい」
などと不眠について考えてそれがストレスになってしまうこともあります。
こうして不眠の負のスパイラルを自ら起こしてしまうのです。

 

 

原因2:体質、病気

 

高血圧や糖尿にお悩みの方も不眠になりやすい傾向があります。

 

ほかにも心臓であったり呼吸器、
リウマチなど体のあらゆる病気が原因で
不眠になってしまうこともあります。

 

病気の症状によって不快感を感じたり、
自律神経を悪くしてしまったりするからです。

 

こういった場合は不眠を解決する前に、
その病気を治療することを第一に考えましょう。
病気が治れば不眠も一緒に治ってしまうこともあります。

 

 

原因3:精神的な影響

 

不眠はうつ病などの精神疾患の症状のひとつです。

 

うつ病の場合、朝は早くに目がさめるのですが
ずっと無気力状態が続き、
夕方になるにつれて少し元気がでてきます。

 

こういった症状が続いた場合は、
なるべく早く精神科や心療内科で相談してみましょう。

 

 

原因4:薬、刺激物

 

降圧薬や甲状腺ホルモン製剤、
抗ガン剤は不眠の原因になることもあります。

 

これらの薬を使用して不眠になってしまったという場合は、
主治医に相談してください。

 

また、カフェインやニコチンも不眠の原因。
カフェインはコーヒーなど、ニコチンはタバコなどに含まれますが、
これらの物質には覚醒作用があります。
そのため就寝前に摂取すると不眠になってしまいます。

 

 

原因5:不規則な生活

 

昼まで寝て夜遅くまで起きているといった生活をしていると、
ホルモンバランスが崩れて不眠になってしまいます。

 

夜勤や多忙な仕事で生活リズムが乱れやすい方も注意してください。

 

規則正しい生活を送り、日中はなるべく日光を浴びると不眠が改善されます。

 

 

原因6:寝室の環境

 

眠るための場所が明るかったり
うるさかったりするとこれも不眠の原因になります。

 

ほかにも布団の質であったり室温、
寝巻きの質なども影響します。
できる限り自分が心地よく眠れる環境を作るように心がけましょう。